本日のおすすめフィード

  • 0件

勇者「あなたが伝説の風使いですね?」中年「痛風持ちだけどな」




1: ベア 2020/12/21(月) 21:00:43.947 ID:bleJU0Ex0.net

勇者「すいません」

中年「あー?」ボリボリ

勇者「あなたが伝説の風使いですね?」

中年「あー、そんな風に呼ばれたこともあったっけな」

中年「今じゃ痛風持ちだけどよ。で、お前さんは?」

勇者「申し遅れました、勇者です」

中年「勇者……国お抱えの戦士かい。俺になんか用か?」



2: ベア 2020/12/21(月) 21:01:45.885 ID:J/ddrgnb0.net

なんかはじまた


3: ベア 2020/12/21(月) 21:03:23.330 ID:2cxXEPtb0.net

期待


4: ベア 2020/12/21(月) 21:04:20.652 ID:bleJU0Ex0.net

勇者「およそ20年前、あなたが退治した“大悪魔”が復活を果たしまして」

中年「あー……倒し切れてなかったのか」ボリボリ

勇者「このたび私が討伐を命じられたのですが、ぜひ協力をお願いしたく、参上しました」

中年「いいよいいよ。手伝ってやる」

勇者「ホントですか! ありがとうございます!」

中年「なぁに、お安いご用よ」

勇者「……」

勇者(見れば見るほど、ただのおっさんだが……)

勇者(噂通りの場所に住んでたし、本人も否定しないし、この人が伝説の風使いなんだろう)

勇者(頼もしい助っ人を得られてよかった!)


5: ベア 2020/12/21(月) 21:06:10.264 ID:cD7ZT8AG0.net

痛風ってどんな病気だっけ


6: ベア 2020/12/21(月) 21:07:11.131 ID:bleJU0Ex0.net

中年「んじゃ、ボチボチ行くとしますかっと……」

勇者「はい」

中年「う゛!?」

中年「ぐあああああああっ……!」

勇者「ど、どうしました!?」

中年「痛風だ! 痛風の発作がァ!」

勇者「こんな時に!?」


7: ベア 2020/12/21(月) 21:10:10.610 ID:bleJU0Ex0.net

中年「足……どうなってる?」

勇者「親指の付け根が赤くなってます」

中年「あー、やっぱり」

勇者「揉んだ方がいいですか? それとも魔法で……」

中年「痛風発作にマッサージは逆効果なんだ。とりあえず、冷やしてくれると助かる」

勇者「分かりました」

勇者(ったく、とんだ足止め食っちゃったよ)


8: ベア 2020/12/21(月) 21:13:19.348 ID:bleJU0Ex0.net

中年「おー、いてて……」

勇者「俺もよく知らないですけど、痛風って足が痛くなる病気ですよね?」

勇者「伝説といわれたあなたが、ここまで痛がるほどのものなんですか?」

中年「おーおー、お前さんずいぶん痛風を甘く見てるようだな」

中年「ここはいっちょ、軽くレクチャーしてやろうかい」

勇者「え……」

勇者(余計なこと言わなきゃよかった……!)


9: ベア 2020/12/21(月) 21:14:38.247 ID:2cxXEPtb0.net

ここからに期待


10: ベア 2020/12/21(月) 21:15:53.848 ID:bleJU0Ex0.net

中年「痛風の原因は尿酸だ」

勇者「尿酸?」

中年「老廃物の一種でよ、プリン体っつうのが分解されてできる物質だ」

中年「血液中に溶け込んでる尿酸が量が増えてくると、そいつは結晶になって関節に溜まる」

中年「この結晶を、異物と見なした白血球が攻撃すると激痛が生じる。こいつが痛風だ」

勇者「なるほど。それで、原因は?」

中年「色々あるが、飲酒、肉食、肥満が尿酸値を上げる主な原因だな」

勇者(ようするに、不摂生が原因と)


11: ベア 2020/12/21(月) 21:18:30.607 ID:bleJU0Ex0.net

勇者「尿酸が原因なんですよね? だったら尿酸の値を下げれば……」

中年「ああ、下げる方法はある」

中年「生活習慣を改善して、薬を服用したり、水をたくさん飲んだり、運動して痩せたり……」

中年「ただし、激しい運動はダメだ。かえって尿酸値を上げちまう」

勇者「とにかく、それをやっていけば治ると」

中年「完治は難しい。痛風は再発することも多く、一生の付き合いだ」

中年「気分を紛らわすにゃ、酒でも飲むしかねえ」グビグビ

勇者「飲酒が原因っていってるそばからそれですか! 治す気ないでしょ!」


12: ベア 2020/12/21(月) 21:19:31.355 ID:2pics5Ukr.net

同僚のおっさんが痛風持ちだなー
一回それで休んでた


13: ベア 2020/12/21(月) 21:21:11.097 ID:bleJU0Ex0.net

……

勇者「どうです、落ちつきました?」

中年「なんとかな」

中年「んじゃ、行くか! 悪魔退治へ!」

勇者「頼むから、酒は飲まないで下さいよ」


14: ベア 2020/12/21(月) 21:24:26.468 ID:bleJU0Ex0.net

悪魔の山――

勇者「この山です」

中年「おーおー、どす黒い気が渦巻いてるねえ」

勇者「大悪魔は頂上に陣取り、魔物を生み出したり、近隣の人々に危害を加えてるんです」

中年「なるほどねえ……」

勇者(いつになく真剣な表情……こういうところはさすが、伝説の風使い!)

中年「ふんっ!」ブッ

中年「やーっと屁が出た」

勇者(最悪の風を出しやがった! くさっ!)


15: ベア 2020/12/21(月) 21:27:13.836 ID:bleJU0Ex0.net

勇者「さっそく登りましょう」

中年「おう」

ザッザッ…

中年「あのさ……」

勇者「なんです?」

中年「ちょっと休憩しねえか?」

勇者「早い! まだ登り始めたばかりですよ!?」

中年「いいからいいから。焦ってもろくなことねえって」


16: ベア 2020/12/21(月) 21:30:25.210 ID:bleJU0Ex0.net

ザッザッ…

中年「おーい、休憩しよう」

勇者「さっきから休憩ばかりじゃないですか……」

中年「しょうがねえだろう。腰が痛くってさ……足もまだ全快じゃねえし……」

勇者「じゃあ、10分だけですよ」

中年「優しいねえ。さっすが勇者!」

勇者(こんなんじゃ頂上にたどり着くのはいつになるやら……)


17: ベア 2020/12/21(月) 21:33:39.447 ID:bleJU0Ex0.net

植物「ギシャアアアアッ!」

勇者「人食い植物だ!」

勇者(大悪魔め、やはり山の植物を魔物化してたか!)

勇者「風で援護をお願いします!」

中年「あいたたた……また痛風が……」

勇者「こんな時に!」

勇者「俺一人で戦うしかない!」

ザシュッ! ズバッ! ザンッ!


18: ベア 2020/12/21(月) 21:36:35.404 ID:bleJU0Ex0.net

勇者「険しい崖だ……」

勇者(だけど、風使いさんなら風でひとっ飛びすることができるはず……)

勇者「風使いさん、風で我々を上まで運ぶことってできませんか?」

中年「腰が痛くて……とても無理だ」

勇者「腰が痛いと風使えないんですか!?」

中年「申し訳ないんだけどさ、俺をおぶって上まで登ってくれねえか」

勇者「マジですか……」

勇者(こんなとこに置いてくわけにもいかないし、登るしかない!)


19: ベア 2020/12/21(月) 21:39:09.973 ID:bleJU0Ex0.net

ガシッ ガシッ ガシッ ガシッ

勇者「くっ……! くっ……!」

中年「悪いねえ……」



勇者「はぁっ、はぁっ、登り切った……」

中年「いやー、若いってのはすごいねえ。大したもんだ!」

勇者「……」


20: ベア 2020/12/21(月) 21:42:24.143 ID:DYcxbTuAd.net

ちょっと明日朝早いんだけど




本日のおすすめフィード

この記事へのコメント